そのような日が好き、むずかりもせずには五月蝿くなく我慢しない、軽く风、悠すれば云。

このような感じが好きで、軽く、軽く、风のようなのは普通で静かな雲のようなのは普通はやさしい。

披衣、惨澹たる一ささげるのお茶を暗香をして、門の日当たりのいいところ窓がある。もたれる窓たたずみ、临风眺め、凝眸间なんですが、一部のよしみシンプル明媚なんですが、一部の淋しさに、軽い指先にもろいが遠ざかって

ゆく。成笑靥中の似水流年だった。

头をもたげて、窓の外に、大道理用の薄いの日には、太陽の安暖聞こえる。清尘、舞うに落ちた板の樹影の中で、见え隠れ、どっちつかずだった。白云飞で青空、真っ青な空の果ては軽く翻ったことが、軽くてあいさつしている。

こうして、もたれる窓、すくむ時間は嫋、嫋オバコワラウと安心の日差し牙醫介紹の中で静かに滑り、1段红尘のごたごたの時勢素年された時、だんだん静かになっては錦して、静かに寄り掛かってエンロン歳月。

街道の歌声があるから、店舗の外に出ると、考えの殆んどがひろがったメロディー飘…

私は、云のような日には、そっと背中になったら远き道を行くがごとし。ポット封をして、一本弦妖琴、渓白云を连れて一弁、顾勇(て一绪に歩く、なんか赘沢することはできません、私、あなたを高ぶら静かだった。騒ぎ立てた凡

尘することを忘れ、ひとまず破垣をほどこした烦扰、おまえに私の1つの休憩の空間を確保して、楽しい自分勝手に連れて行ってあげるをさまよっていた。私は、君はしばらく、富貴栄華だったが、私を与える清風射すとなって瞬間

話題だったが、私にあなたの楽しみと歌う。

たまには幻想で、青山に囲まれ、花ちゃんをかける(フロリアン)一カ所に築城河水がさらさらと、桃花、薫(、写真を衣片に包まれ、心は疲れていて、はここに安住してして心に1社だった。雲の奥に、梦の初期段階から吹き抚で1曲

の巻文様』で、言叶の自然の心繋がる、ライトを咏間、安た梦で、濡れた眼にしたにもかかわらず、紛失したあなた。