そこには小さな方であり、湖水で、ただもう珍しくてしまうのでは水、多い場合もあります。不純物除去に浮かんでいたとか、大や小さい。この水、におっ物陰に染めた人間秽れ、結局のところにもできないという。のかつての弱い水三千、今の方であり、池田食した氏は、世の中の人间の浮き沈みのない俗物だった。ただに立って、いつの间にかには觀塘通渠すべての疲れているように、人间と山水は、身近で友达戏说から、山水で正常に生まれ。お粗末きわまりなく、極端に行かないでもしなければならない。掌に、この世の中の勇気があって柔软な力を合わせて、万物が和合の中でだけを見て、何の返事もない。

「焦り、混乱をもたらした梦、爱;ひそや密かに离れて、依然として寂しくなった。波の爱で、自分の行きたいところへ、谁を残してくれたcnsを……」空が似ていては意図的に挑染めた色をして、いつの间にか、久しぶりの青色漂泊の昙りか出会う伝说の中に男装の落ち着くところ、まるで私の期待に会った人を楽しませる必要もないようだ。小さく首を振っ、一树たじろがぬした隙を透過明るかった光だけでは、自分の心にその隙间がさわやかに挟まれて光を放って執してしてあげる。拈は最低の一束花枝に近く、へを见て、花模様に、突然両方抱きしめろしようと、ねぎらうてみようは左のためよその心臓搏動の鲜やかです。现世に急いで、ますます気も瞬く間にはすでに変換だけをただ见ているしか能です。一時人、一時景、心の中で何が感じているからだ。枝には繁華街で、木の下には、れんが、この时の花が咲くゴユウがちょうど起きて、この場で、いつまでい何时です。人も同じ気持ちだったので、もうがあったはずである。次、人などを付けなければならなかったら、きっと忘れない景もなどはできず、出会い时ゴユウがちょうどだった。