10

『ドクター・ノオ(007は殺しの番号)』1962年の事だった。
イギリスの諜報部"MI6" がモデルの映画。
原作は、イアン・フレミング。
彼はイギリスの陸軍士官学校を卒業し、通信会社でモスクワ支局長などをしていたが、
"MI6" の一員でもあった避孕方法
個人的には、美食家で、
主人公のジェームズ・ボンドが、味にうるさく、
ワインなどにもこだわりを見せるシーンなどがあるのも道理といったところ。

第1作に登場するのは、高級シャンパンのドン・ペリニョン。
1955年のドン・ペリを出された時に、
「年代が違う!
1953年物の方が良かったな」と辛口の毒舌を吐く。

2作目は、『ロシアより愛を込めて』だったが皇室纖形 旺角、この作品、原作に忠実で、
当時のソ連の暗号解読が任務となる。
同名の原作は、当時のケネディ大統領の愛読書の中に入っていた。
この映画にもあるように、"MI6" の主な任務は、諜報活動などの情報収集と操作。

"MI6"は、今もイギリス政府組織の中にあり、
かの小説家のサマセット・モームも一員だったり、
暗号解読や諜報活動は公然の秘密といったところだ。

だけども、最近、諜報活動も雲行きが怪しい。

CIAの元職員、エドワード・スノーデン氏なる人物が、
アメリカの組織も電話の傍受やハッキングなどをしていたことを
暴露したことが世界をゆるがしている皇室纖形 facial
その事で、
かつて問題となった2009年のG20 のロンドン会議のときの
イギリスによる電話盗聴問題が蒸し返されている。
今回の、G8 でのキャメロン首相の説明責任も取り沙汰されることになった。

この問題は、もう4年も前の事だが、
ジェームズ・ボンドの1作目のセリフのように、「年代が違う」
とは、言い切れない問題のようだ。