「今朝はそこら辺の雑草を食べました。きのうはカブの根っこを少しです。多少虫がついてましたが、食べられないというほどではありませんでした」
 突然、セ?ネドラの目に涙が浮かんだ。「いったい誰がそんなひどいことをしたの」
 男は彼女の質問にいささ優悅 避孕か面くらっているようだった。やがてかれは肩をすくめた。「たぶん世の中でしょう。あっしたちの育てた作物の大部分は領主さまとそのご主人のところへ
20140310_20ff48e9-8bca-40f9-be23-eb5507a0dc98

納めなくてはなりません。残ったものも王さまや王侯の方々にほとんど取り上げられてしまいます。おまけにあっしたちは数年前にご主人の行なわれた戦争の税金もまだはらい続けて

いるんでさあ。それだけ取られてしまえば、あっしたちの分などほとんど残りゃあしません」
 セ?ネドラは背筋が凍りつく思いだった。「わたしは今、東の国々と戦争をするための軍隊を集めているのよ」
「存じております、お嬢さま」もう一人の農奴デットンが答えた。「わしらも今朝あなたさまのお優悅 避孕話を聞かせていただきました」
「もし戦争になったらあなたたちはどうなるの」
 デットンは肩をすくめた。「そうなったらもっと税金が重くなるだけのことでさあ。それにご主人が従軍を決意されたら、わしらの息子たちの何人かをとられることになるでしょう

。農奴はあまりいい兵隊ではありませんが、荷物のかつぎ手にはなりますんで。それに敵の城に襲いかかるときには、しばしば偉い方々はたまれるようですし


「じゃあ、あなたたちは戦争に行くときに何の愛国心も感じないの」
「農奴にとって愛国心がどれほどのものでしょう。現にこのあっしでさえ数ヵ月前には自分の住む国の名前さえ知りませんでした。ここには何ひとつあっしのものなどないのです。そ

れなのに何で愛着など覚えるでしょうか」ラマールが言った。
 セ?ネドラは何も言うことができなかった。かれらの人生はあまりに冷酷でむ優思明なしいものだった。彼女の戦争への呼びかけはさらに重荷の苦痛を与えるものでしかなかった。「じゃあ

、あなた方の家族はどうなの」彼女はたずねた。「もしトラクが勝つようなことがあれば、あなた方の家族は皆グロリムに連れていかれて、いけにえにされてしまうかもしれないのよ