「あれはだめなの――?」セ?ネドラは片手であいまいなしぐさをした。 ガリオンは首をふった。「そういうことに限界があるのはわかってるだろう、セ?ネドラ」「じゃ、魔法のいいところってなんなのよ?」セ?ネドラはにがにがしげにリヴァの灰色のマントをいっそうしっかり体 ... もっと読む